酵素と病気の関係とは?

酵素と病気の関係とは?

 

 

体を快適な状態に保つのに必要な成分に酵素があります。

 

乱れやすい自律神経の働きを安定させる効果があり、酵素の摂取量が不足してしまうと病気にかかりやすくなってしまうのです。

 

不足して現われる病気には、頭痛・目まい・胃痛・便秘・冷え性などの症状があります。

 

若い女性にも多いこのような症状は、もしかして酵素不足が原因だったかもしれません。

 

また、自律神経の働きが鈍くなることにより、基礎代謝機能が悪くなってしまい体に毒素がたまり免疫機能が低下していきます。

 

毒素を体外に出せず免疫機能が低くなることで、頭痛や目まいなどの不定愁訴の症状が出てしまいます。

 

健康面だけでなく美容面でも支障があり、酵素が不足するとシミやシワもできやすくなります。

 

 

自律神経の働きが低下することで特に心配な病気が、酵素不足が悪化した場合に脳卒中を引き起こしてしまうことです。

 

血行不良により血液の流れも悪くなってしまうので、血が固まるようになり血管が詰まるため脳卒中が起こってしまう恐れがあります。

 

体の健康を保つには酵素を充分に摂り、自律神経の働きを改善することです。

 

自分には関係ないと思われる病気でも、日頃の酵素を意識して摂取するよう心がけると健康維持にもつながりますね。

 

とはいっても、酵素を食品から取り入れるのは、難しいところもあります。

 

それに代わって、手軽に摂れる方法として、サプリメントが便利ですね。。

 

サプリメントを飲むことにプラスして、野菜の多い食事を摂ることを心がけ適度な運動をするといいです。(理想ですが)

 

食事に気をつけ体を動かすことで、酵素の効果が高まります。

 

 

頭痛・目まい・胃痛・便秘・冷え性など心当たりのあるかたは、酵素を意識してとったほうが良いです。

 

まずは、クレンジング酵素0の100円お試しからチャレンジしてみてはいかがですか?